Contact Us

If you want to contact us, please fill out the form on the right, we'd love to hear from you!

Follow us on InstagramFacebook or Twitter to keep up to date on where we are on our journey.

何かございましたら、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

インスタグラム、フェイスブックやツイッターでもフォローしてください!

Name お名前
Name お名前
           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Journal

Kyushu Roundtrip May

Lars Amhoff

In May Lars came all the way from Germany and we visited Kyushu to make a really exciting 3 day roundtrip to visit artisans and porcelain factories! Via Fukuoka we drove through the many valleys and mountains of the beautiful island to meet artisans in Onta in the Oita prefecture and to visit our future Hasami-Yaki factory in Hasami in the Nagasaki prefecture. We'll recap both of our major stops in bigger follow up posts but we couldn't wait to give everybody an impression on our first Kyushu visit!

5月、ドイツからラースが訪れ、職人と陶磁器工場をめぐる心踊る3日間の旅が始まりました。私たちは福岡を経由して、美しい九州の山々をドライブし、大分県の小鹿田焼き職人のもとや長崎県波佐見の波佐見焼き工場を訪れました。この2つの場所については、今後改めて別の記事でも紹介したいと思いますが、この記事では、私たちにとって初めての九州旅行の興奮をそのままにお届けしたいと思います。

DAY 1 - ONTA

Arrival in Onta, home of Onta-Yaki. The Onta ware manufacturing technique  dates back to the early 18th century and the large water powered wooden hammers are still used today. In fact, the only electricity used in the production of Onta ware is the potter's wheel. 

まず、最初に訪れたのは、小鹿田焼きの産地である小鹿田です。
小鹿田焼きの製造技術は18世紀初頭にまで遡るもので、水車を原理を応用した粘土粉砕機は現在も使用されています。実際、小鹿田焼きの作品作りで電気が使用されているのは職人のろくろだけで、伝統的な製法が現在まで受け継がれています。

The first day of the trip was rainy, but the mountains in Oita looked even more mysterious with thick fog hanging on them. 

旅行の初日、天気はあいにくの雨でしたが、大分の山々は濃い霧に包まれ、いっそう神秘的な雰囲気を漂わせていました。

The artisan shaping a Onta-Yaki bowl with his hands, later applying the signature Onta ware pattern seen on a pre-burn bowl below.

小鹿田焼きの器の形を整える職人。焼成前の器には、下の写真のような小鹿田焼きの特徴的な模様が施されます。

DAY 2 - ONTA

The second day the weather switched to a very sunny day, making it possible for us to walk around the village. Seen above is one of the many wood fired "Noborigama" kilns in Onta. Each of those structures contains a number of smaller kilns to burn the ceramics in. Below you can see the giant water powered wooden hammers, banging on the rough clay day and night to make it as fine as possible.

2日目、天気は打って変わって快晴で、私たちは小鹿田焼の里を歩き回ることができました。上の写真は小鹿田の登り窯と呼ばれる木を燃料とする釜の1つです。この登り窯の1つ1つが、陶磁器製作に使用される複数の小さな釜からなっています。下の写真は、水車の原理を応用した木製の粉砕機で、一日中原土を粉砕し、できるだけ細かくしています。

Luckily we were able to witness the rare delivery of new clay, which takes place only every 2-3 years.

私たちはこのとき、運良く2、3年に一度しかない新たな原土の到着の場に立ち会うことができました。

DAY 3 - HASAMI

Our next stop was the small village of Nakaogo in the Sonogi County of Nagasaki Prefecture. In a valley, surrounded by tea plantations, a group of old buildings sit tightly together. The whole village is involved with the long running pottery business of Hasami-Yaki.  

次に訪れたのは、長崎県西彼杵郡中尾郷の小さな村です。お茶農園に囲まれたこの地域には、古い建物が所狭しと並び立っており、村全体が歴史ある波佐見焼きの陶磁器ビジネスと深く関わってきました。

After a tour around the village we visited our future Hasami ware manufacturer in his Studio Ghibli-esque factory. The sun falling into the wooden halls winding along the mountainous terrain over different levels made us fall in love with the place right away.

中尾郷を歩き回った後、私たちはアセミコの波佐見焼きグッズの生産を依頼する工場を訪れました。スタジオジブリの映画にも出てきそうな雰囲気のこの工場は、木材を使用したホールに山の地形に沿って光が差し込み、私たちはすぐに気に入ってしまいました。

The electric kiln where our pure white porcelain goods are being burnt.

アセミコの真っ白な陶磁器グッズが焼かれている電気釜。

One last gaze over a tea plantation in impressive landscape of Kyushu, right behind Nakaogo before we started our way back to Tokyo where we parted ways again and Lars went back to Germany. 

旅の終わり、中尾郷を去る私たちを見送ってくれたのは、お茶農園をのぞむ九州のすばらしい景色でした。その後、東京へ帰った私たちは、再びそれぞれの道へ戻り、ラースはドイツへの帰途につきました。