Contact Us

If you want to contact us, please fill out the form on the right, we'd love to hear from you!

Follow us on InstagramFacebook or Twitter to keep up to date on where we are on our journey.

何かございましたら、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

インスタグラム、フェイスブックやツイッターでもフォローしてください!

Name お名前
Name お名前
           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Making of the first Prototype

Journal

Making of the first Prototype

Lars Amhoff

We are very thrilled to present the first significant step on our journey to the first Asemi Co cup. The way to the very first prototype, made by the first artisan we selected and now have the pleasure to work with.

It all started with the design of the cup, which will be given life by various artisans. The cup had been shaped by us and tested via rapid prototyping, to make sure everything ends up being as we intended. The design we chose has a unique enough look to stand on it's own but has still enough breathing room for the artisans to give it their own touch and therefore balances contemporary design with traditional Japanese “Yunomi” tea cup styles. With the same finished cup design we approach artisans of traditional Japanese pottery styles from various regions in Japan.

はじめに、Asemi Co.にとって最初のカップ制作をめぐる旅、その重要な第一歩をここに紹介できることを嬉しく思います。私たちは、選び抜いた最初の職人の手を借りてプロトタイプ第一弾の制作に取り組み、この素晴らしいパートナーとともに大きな一歩を踏み出しました。

カップ制作にあたって一番始めに取り組んだのは、様々な職人によって命を吹き込まれることになるカップのデザインです。私たちはカップの形状を決め、意図した通りのデザインになるようにラピッドプロトタイピング(製品開発における高速の試作手法)でテストを行いました。こうして完成したデザインは、ベースが十分特徴的なものでありながらも、職人たちが自らの個性を加えられる余地を残しており、コンテンポラリーなデザインと伝統的な日本の「湯のみ」の両方のバランスを意識したものです。私たちはこのカップデザインをもとに、日本各地の伝統を受け継ぐ窯元の職人にアプローチしています。

The first one of these artisans is Tomoki Miyazaki from Nagano, Japan. His workshop is located in in a remote area of Matsushiro, surrounded by hills full of peach trees. He represents the traditional style of “Matsushiro-yaki”. 

そんな私たちが選んだ最初の職人が長野県の宮﨑知幾さんです。宮崎さんは桃の木が立ち並ぶ丘に囲まれた長野市郊外の松代に工房を構え、伝統的な松代焼を制作してきた職人です。

On our first visit Mr. Miyazaki was very kind and gave us a tour of his workshop “Amakazari". We got to look at all of his work in various stages of completion and got a great impression on how he approaches his work from beginning to end.

松代を初めて訪れた際、宮崎さんは彼のあまかざり工房を案内してくれました。そこでは、様々な工程にある彼の作品を見ることができましたが、どの工程においても彼のアプローチは印象的で心を動かされるものでした。

On our visit in February peach trees were still protected from the cold by straw.

Mr. Miyazaki’s kilns outside of his workshop. The wood powered kilns are operated completely by hand, from controlling the temperature to the right moment and placement of the wood. The wood shown above is used for firing the kiln.

宮崎さんの釜は工房の外にあり、木を燃料とするこの釜では、時間ごとの温度調整から木材の追加まですべての工程が手作業で行われます。上の写真の木材は釜で使われるものです。
私たちが訪れた2月には、桃の木を寒さから守るためにわらで包んでありました。

The first time seeing the kilns. Each of our artisans has his own style of kilns, with it's very specific handling. 

初めて釜を見たときに気づいたのは、職人ごとに様々な釜のスタイルがあり、独自の使い方があるということです。

Mr. Miyazaki gave us a up close and personal introduction to his craft. We witnessed how a cup is given shape by the artisans refined touch. 

宮崎さんは自分の技術をわかりやすく紹介してくれて、私たちは職人の巧みな技でカップが形作られていく様子に目を見張りました。

Working on our first Asemi Cup prototype?! We were holding our breath towards the moment Mr. Miyazaki would reveal what our vision would look like, given form by his craft.

もちろん、Asemiカップのプロトタイプ作りも忘れていません。私たちは、宮崎さんが自らの技術を形にし、自分たちのビジョンを実現してくれる瞬間を静かに待っていたのです。

The moment of truth! On our next visit we were able to hold the first Asemi Co. cup prototypes in our hands. We had anticipated this for a few weeks and they were finally finished. And the outcome was great. The sheer quality and unique look exceeded our expectations. 

We decided to run another round of prototypes for a perfect fusion of Mr. Miyazaki's style and our vision of the cup, which we will present as soon as it’s done! So thanks for reading and stay tuned for the final version! 

そうして、松代への2度目の訪問でAsemi Co.のプロトタイプカップはついに完成しました。何週間も待ち望んだこのカップの仕上がりは素晴らしく、その品質と個性的なデザインは想像以上のものでした。

私たちは、自分たちのビジョンと宮崎さんのスタイルの完璧な融合を目指し、もう一度プロトタイプ制作を行うことに決めました。この結果は近いうちに報告したいと思います。ここまで読んでいただいてありがとうございます。最終版の完成を楽しみにしていてください。