Contact Us

If you want to contact us, please fill out the form on the right, we'd love to hear from you!

Follow us on InstagramFacebook or Twitter to keep up to date on where we are on our journey.

何かございましたら、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

インスタグラム、フェイスブックやツイッターでもフォローしてください!

Name お名前
Name お名前
           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Bizen-7.jpg

Bizen-Yaki

The Asemi Co. Bizen­-yaki cup embodies the archetype of potteries.
アセミコの備前焼カップは、陶器の原型に命を吹き込んだとも言えるものです。

Each of our Bizen-Yaki cups is a unique piece with the appearance varying from rough unglazed grey to smooth copper and brown. The grey look is achieved through a technique called “Sangiri”, in which charcoal is added close to the cups in the firing process.

備前焼カップはひとつひとつが個性を持っており、その焼き色は素焼きの灰色から艶のある赤褐色や茶色まで様々です。灰色の部分は桟切という技術で現れる色で、焼成プロセスの中でカップのそばに加えられる炭によって生まれるものです。

Bizen-yaki, named after its place of origin in Okayama Prefecture, is said to be the oldest form of pottery in Japan.

The pottery technique of Bizen-yaki makes the outcome of the firing process unpredictable, thus making each cup a piece of art. The process begins with the preparation of the raw clay. The clay is collected from the hills and sometimes mixed with  a combination of clay from different locations. It contains a lot of iron and organic matter, resulting in a rough finish of the potteries.  There are are several techniques which give Bizen-Yaki its unique look. The burning of rice straw or pine wood alongside the potteries will result in a reddish brown color and the ashes covering them in a smoother finish. The location of the pottery placed in the kiln is of great importance for the outcome of the finish, but since it is dependant of a lot of factors, it is hard to control and the style and technique of the artisan creating the pottery plays a great role.

Bizen ware takes a long time to finish. Once the kiln is fired, it has to be kept burning for one to two weeks non stop, feeding it new firewood every few minutes. This difficult and exhausting process leads to artisans firing their kilns only once or twice a year.

This very special procedure with the unpredictable result is reflected in our Asemi Co. Bizen-yaki cups. Numbers of these cups produced each year are very small. Asemi Co. Bizen-yaki cups are made by the artisan Kiko Ando in Bizen, Okayama.

 

備前焼は、備前と呼ばれた現在の岡山県の一部に起源を持つもので、日本の窯元で最も古い歴史を持っています。
備前焼の技法では、焼成プロセスで生まれる模様が焼きあがるまでわからないため、それぞれのカップが1つの芸術作品ともいうべきものとなります。制作工程は原土の準備から始まり、山や田畑で採掘される原土は、他の場所で取れた土も含めて様々な配合で使用されます。この土は鉄分と有機物を豊富に含み、ざらざらした感触を生みます。
備前焼の特徴的な色や模様には、いくつものテクニックが関わっています。作品とともに藁または松材を燃やすことで、赤褐色の色が現れ、周りを覆う炭はより滑らかな仕上がりを生みます。作品を釜の中のどこに置くかはとても重要で、仕上げに大きな影響を与えます。しかし、様々な要因が絡み合うため、完成品の模様をコントロールすることは難しく、職人のスタイルと技術が重要な役割を果たします。

備前焼の制作には長い時間がかかります。釜に火を入れた後は、1〜2週間は燃やし続ける必要があり、この間は数分ごとに新しい薪を入れなければなりません。これは本当に労力のかかる作業なので、職人が火入れをするのは年に1・2回です。

こういった特別なプロセスや予想できない結果によって、アセミコの備前焼カップは完成します。このため、毎年制作できるカップの数はほんのわずかです。

アセミコの備前焼カップは、岡山県備前市の安藤騎虎さんという職人が作っています。


The Packaging

Asemi Artisan Bizen-Yaki cups are carefully wrapped into a single custom made sheet of recycled cardboard,
held close tightly by an informative sticker. On top of each package, over our hand screen-printed logo, we place a stamp which states the month our limited cups are burnt in the wood fired kiln & give each cup a number from within the batch.

Asemi Artisan備前焼カップは、リサイクル段ボールを使用したオリジナルの梱包材で入念に包んであり、商品情報を記したステッカーでしっかりと封をしています。各パッケージの上部には、手作業のシルクスクリーン印刷によるロゴが入っており、この上に窯入れを行なった月とカップの限定数、シリアルナンバーを示すスタンプを押しています。